読み物

2018/09/03 18:04

<果物の糖分の話>


果物といえば「糖質が多くて太りそう!」と思われる方も多いと思います。

果物に含まれる糖質を「果糖」と言いますが、実は「果糖」はとても優秀な糖質。

ブドウ糖に比べて腸での吸収が遅く、血糖値はブドウ糖の20%程度しか上昇しないので、太りにくい糖質なのです。



<果物摂取のメリット>


日本の果物摂取量は先進国の中でも最低水準です。

しかし、私たちが不足しがちなビタミン・カリウム・食物繊維・酵素などが果物には豊富に含まれていて、毎日食べることが推奨されています。

これらの栄養素が十分に補給されると、

・代謝を促進して痩せやすくなる

・疲れにくくなる

・肌がキレイになる

・紫外線の影響を受けにくくなる

・免疫力が高まる

・余分な塩分を排泄する

・むくみを予防する

・腸内環境を整える

・メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防につながる

など嬉しい効果がたくさん期待できます。


また、13種類あるビタミンのうち9種類は「毎日摂取する必要がある」水溶性ビタミンです。

ビタミンCをはじめとする水溶性ビタミンは毎日排泄されるため、毎日補給する必要があります。

「毎日果物を食べるのは難しい」という方にこそ、オススメなのがドライフルーツです。

果物の成分のほとんどは水分ですが、ドライフルーツは水分が抜けることで栄養が濃縮され、

少量でも栄養補給が可能です。さらに、ドライフルーツは「皮」まで食べられるのも嬉しいところ。

果実よりも栄養が詰まった「皮」まで食べることで、さらに効率的な栄養補給を叶えてくれます。



<酵素の話>


酵素は消化や代謝に欠かせない重要な栄養素です。

また、毒素の排出(デトックス)にも大きく関わります。


私たちの体では「消化酵素」と「代謝酵素」という2つの酵素が作られていますが、加齢やストレス、

偏った食生活などにより消費されてしまい、簡単に酵素が不足してしまいます。


そして、カラダが酵素不足になると

・肥満

・疲れやすい

・肌荒れ

・免疫力低下

・便秘

などの原因になります。


残念ながら、消化酵素と代謝酵素は常に一定量しか作られませんが、この酵素不足を補ってくれるのが食物に含まれている「食物酵素」です。


オールスローフードのドライフードは低温乾燥でつくられているため、熱に弱い食物酵素も失われていません。

食生活にドライフードを取り入れることで、酵素不足の毎日からも解消されます。




 


高木 美穂(たかき みほ)

資格
管理栄養士
食品衛生管理者
食品衛生監視員
フードスペシャリスト

略歴
1987年生まれ。
福井県出身で、大阪府在住。
大学卒業後、病院で患者様の栄養管理と栄養指導を5年以上経験。
20代で体調不良と酷い肌荒れに悩んだ時に、自身の食生活を見直し改善したことで「食のチカラ」を実感。
このことがきっかけで「患者様だけでなく多くの人に食生活の大切さを伝えたい」と思うようになり、
現在は大阪を拠点に「食生活を見直して人生をデザインするサービス」を提供中。

実績

・2018年 YOGA studio MAI(ヨガスタジオ マイ) 

​ 顧問管理栄養士就任

・2016年 情報サイトColumn Latte
 コラム掲載
「朝食で痩せる体質をつくろう」
「ビタミンB群で代謝アップ」
「食べるダイエットは成功しやすい」
「隠れ貧血を改善する4つのポイント」
「ダイエット中の外食・飲み会で気を付けたいこと」

・2016年 一般社団法人 ロカロジ協会
 アドバイザー就任

・2015年10月16日 NHK大阪局様より
 健康講話会講師「食で人生を変えるマル秘術を教えます」

・2014年1月30日 NHK大阪局様より
 健康講話会講師「自分に合った食スタイルの発見」